あやめの日々彩々

東京在住の会社員です。ごはん・コスメ・家事・旅行など気ままに更新します。

ブダペスト展で良かったムンカーチミハーイの絵

国立新美術館のブダペスト展にいきました!

乃木坂から駅直結だし乃木坂は表参道から1駅なんだな、近い\(^o^)/

これは日経新聞の広告!
日経、スタイルアイとか一般人に縁のなさそうなラグジュアリーな物がたくさん載ってて楽しい!あと近所の百貨店のチラシと、ミッドタウンのチラシ(特に近くはないけど)も楽しい〜
港区の3億円の豪邸のチラシとかも入ってて面白い🤣
(もはや本来の日経の目的から外れつつある)


ブダペストってあんまり知らなかったので
チェコやオーストリアらへんの中欧だな〜
という所から入りましたが、ブダ地区+ペスト地区でブダペストということを知りました。

ルネサンスからイタリア、スペイン、印象派·····
400年分の移り変わりが見られて見応えがありました!!!

特に好きになったのはブダペストの画家、ムンカーチミハーイです。
豪華な貴族の部屋だ〜と思いました
背景がここまで書き込まれているのも珍しいような
娘と犬がさりげなく描かれているのも可愛い。
スペイン絵画あたりから、犬やら猫もちょいちょい登場するようになるのかな?と思いました。








ミレーも、先日のゴッホ展ぶりに観ました。

ルネサンスやイタリア絵画は宗教画ばかりだったのに、それぞれの時代で描く対象がどんどん変わっていくのが面白かったです。 

室内で描くのと野外で描くので全然違うんだな〜と思いました。

ルノワールもありましたが、特に興味かったのは、ルノワールの絵画の習作です。
ゴッホ展の時もゴッホ展の習作を見ましたが鉛筆でのイメージ図という感じでした。
ルノワールの習作はイラスト、漫画に近い印象を受けました。親しみを感じた!ミュシャの習作も漫画っぽかったな。

こちらの方のブログでブダペスト絵画についての理解が深まりました!!


美術館、1人で行くことはあまりなく、映画みたいに観終わったあとに感想を言い合うのが好きです。
今回はお義母さんと行ったのですがとても楽しかったです(^O^)

激混みのハプスブルク展よりもゆっくり見られて良かった!
ハプスブルク展好きな人はブダペスト展も好きだと思います!いまならゆっくり見られます🎶