あやめの日々彩々

東京在住の会社員です。ごはん・コスメ・家事・旅行など気ままに更新します。

14年振りにダ・ヴィンチ・コード(映画)を観た

2006年公開の、映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観ました!アマプラで。。。


まず、そうか〜14年前か...となりました。

紋章をテーマに聖杯の謎に迫るというミステリーですが、映画だけだと結構分かりにくいので原作読んで理解してから映画を観るのがベストだと思いました。

原作を中学生の時に読んで、大学2年生になったらルーブル美術館に行く!!と決めたのを思い出しました(*´`)

出てくる携帯電話がガラケーなのも時代を感じました。
プリンセスソフィー!
原作から映画化して端折りすぎ問題があるので、前後編だったら良かったんだろうなぁ。

私にとってダ・ヴィンチ・コードは、
美術に興味を持つキッカケになり、
フリープランで母娘パリ1週間旅行に行く動機になった作品なので思い出深いです。

それにしてもパリは治安が悪い·····
同じホテルの親子は同時にスリにあい、
先輩は空港でジプシーに囲まれ振りほどくとスマホを擦られ、友達はメトロで切符買おうと財布だしたら、財布を取られたという(すぐ取り返していた)

ダ・ヴィンチ・コードは景色の良いフランス!というよりもサスペンス映画なので、また違った面が見られて良かったです。