あやめの日々彩々

東京在住の会社員です。ごはん・コスメ・家事・旅行など気ままに更新します。

MAMEW(マミュ)のメイクレッスン~アイメイク編~

あやめです。

マミュのメイクレッスンに行きました。

 

これまで、下記を受けてきました。

①骨格

②ベースメイク

③眉メイク

 

 

 

 

 

 

④アイメイク←今回はこちら!

 

まずアイブロウのおさらいから始めました。

コスメデコルテのアイブロウ、

やはり使いやすい・・・!

 

私の前情報

・肌はブルーベース夏

・皮膚が薄いため、肌に赤みが出やすい

・目の下に青くまあり

・目は切れ長、目幅はあるが立て幅がない

・奥二重

 

★目元のベースメイクのポイント★

まず目元付近に、

ファンデーションは使わず

ピンク系のコントロールカラーで仕上げたほうが

透明感が出てよいと

アドバイスいただきました。

 

ピンクのコントロールカラー欲しいな~

MACかローラメルシエか・・・

パールが入った瑞々しいもの…

また探しに行きたいと思います。


マミュのコントロールカラーは

ピンクとシルバーを混ぜていたのですが私は2色混ぜるのが面倒なのでピンクのものを探そうと思います。


色ムラなくなると自分比で透明感が増します!!



 

 

 

今回はエクセルのアイシャドウを持ち込んで習いました。

ブルべ夏なプラムニット!

 

 

 

エクセル リアルクローズシャドウ CS04 プラムニット(1コ入)【エクセル(excel)】

 

 

 

今までは

オレンジ・ピンク系が多かったのですが

これを機にパープルなど青みのある色にチャレンジすることにしました!

 

①ハイライトカラー

まず大きめの筆で

ハイライトカラーを広げる・・・

今までぺぺっと筆で広げて塗っており、

ハイライトカラーを眉下までは広げていませんでした(反省)

ハイライトカラーが眉下まで来ないと目が小さく見えてしまうそうです。

そして私の目の場合

中央にすべてのポイントを持ってくることが超大事!!

ということがわかりました。

 

②ミディアムカラー

つくしブラシでアイホールまでジグザグに動かす。

アイホール黒目の上がポイント。

 

③締め色

ライナーブラシで黒目上に乗せる

黒目部分の下瞼のキワに締め色に入れる

これで広がる縦幅!

自分比ですごくよくなった感じがしますー!

カラーメイクだと目じり下瞼に入れがちですが(雑誌によくでてくるし)

私の目は切れ長なのでなんだかやりすぎ感がでて

いまいちしっくりこなかったのですが

下瞼大事だなと思いました!!

 

とても勉強になり良かったです。

 

メイクシートをいただきました。

 

次はリップメイクレッスン。楽しみです。